Word-05: タブ

このページでは、タブについて扱う。タブはインデントと同様に段落書式の一つである。

インデントとタブを効果的に用いて美しい文書を作成しよう。



タブとは何か

再び、パーティの掲示を考えよう。前ページでも触れたように、 「八王子校舎」、「5月某日」で始まる内容は、行の途中であるにも 関わらず、揃えて記述されている。
(インデントは、段落の左端と右端を調節するものなので、このようなことはできない)

このように文章の途中で文字列を揃えて表示したい時は「タブ」機能を用いる。
(前ページの繰り返しになるが、「八王子校舎」や「5月某日」の前には空白は一文字も入っていない。)



上の図にあるように、タブの揃え位置は「タブマーカー」で制御される。
このタブマーカーの調整方法を以下で解説する。

なお、前ページで解説した通り、ルーラーと呼ばれる目盛が存在しなければ下図のように「表示」タブの「ルーラー」にチェックを入れる。







タブの挿入と調節

練習のため、上の Welcome Party のチラシのうち、下記の4行の部分のみを記述してみよう。
もちろん、余力のある学生は全体を記述しても構わない。

場所 八王子校舎
日付 5月某日
時間 夕方〜
参加費 未定

文書を打つ際は、キーでタブを挿入して行くことに注意すること (タブは1回で良い)。
この時はまだ揃える位置は気にしなくて良い。

例えば、「場所」から始まる行は と記述して改行する、ということである。

4行の入力が終ったら、これらを箇条書きとして揃えてみよう。
揃えたいのは4つの行 (4つの段落) であるから、マウスで4つの段落を選択して色を反転させよう。
(なお、ここで設定するインデントとタブはどちらも段落書式である)

まず、前ページの復習として、下図のようにインデントを設定してみよう。



次に、タブマーカーを用いて「八王子校舎」、「5月某日」などの部分を揃えてみよう。
水平ルーラーの適当な位置をマウスで一回クリックする。
すると、下図のようにタブマーカーが現れる。

うまく現れない場合、ルーラーの下半分付近をクリックするとうまくいく。
すると、クリックした位置にタブマーカーが現れ、その位置に「八王子校舎」、「5月某日」などが揃うことがわかる。



そして、インデントマーカーを動かしたのと同じ要領でタブマーカーを移動すると、 下図のようにタブ揃え位置が移動する。
ただし、タブマーカーは正確に真横方向に移動しないと消えてしまうので注意が必要である。



これでタブの調節は完了である。

ここで、タブマーカーの種類について少し見ておこう

いま、ルーラー部分をクリックすることでタブマーカーが現れた。実はこれは左揃えのタブマーカーであった。
タブマーカーには種類があり、左揃え、中央揃え、右揃えなどがある。

これらのうち、左揃えタブが現れたのは、下図のようにルーラー左端の「タブの種類」ボタンにおいて
左揃えのタブマーカーが表示されているからである。



この「タブの種類」ボタンは押すたびに以下のように種類が切り替わり、最終的に7回のクリックで元に戻る。
ここでは左揃えタブを挿入するため、タブの種類ボタンをに戻しておこう。





タブマーカーの削除

タブマーカーは一つの段落あたり複数設定できるが、間違ってたくさんマーカーを挿入してしまい、削除したくなることがしばしばある。
タブマーカーは、タブマーカーをマウスで掴んでルーラー以外の領域へドラッグアンドドロップすると削除できる。





←Word-04: 検索・置換、インデント、書式のコピーWord-06: 数式ビルダによる数式の記述→

Microsoft Office の基礎に戻る