PowerPoint-07: 画像の縮小と切り出し

本ページでは画像の縮小方法と切り取り方法を学ぶ。 用いるツールは Windows に標準に付属している「ペイント」である。

画像の閲覧

まず、こちらの aibo1.jpg という画像ファイルをダウンロードして欲しい。
リンクを右クリックして「対象をファイルに保存」が確実である。
このファイルは、カメラで撮影したファイルの名前を変えただけのものである。

いつも通り、マイドキュメント以下のどこかに aibo1.jpg を保存したら、そのファイルをダブルクリックして開いて欲しい。

以下のように、Windows 10 であれば「フォト」というアプリケーションが起動し、画像が表示される。



さて、この「フォト」は、ウィンドウのサイズに合わせて画像も拡大/縮小されて表示される。
これでは画像の本来の大きさはわからない。

そこで、以下のように右上のメニューから「実際のサイズで表示」を選択してみよう。



すると、以下のように画像が元の大きさで表示される。犬型ロボットの見ためが大きくなっていることがわかるだろうか。



このように、最近のカメラは画素数が大きくなっており (「〜万ピクセル」などの広告文句を思い出そう)、
その結果画像自体が大きくなっている。

この画像をカメラ屋でプリントしたり、自宅のプリンタ等で印刷する場合、 画素数が多いほうが綺麗にプリント/印刷されるので都合が良いが、
Word や PowerPoint に貼り付けたり、インターネット上の Web ページに貼り付けたりする用途には、
この画像のピクセルサイズは大きすぎる。

そこで、この画像を縮小したり、あるいは必要な部分のみ切り出したりする方法を以下で学ぶ、というわけである。

なお、Windows 7 以前をお使いの方は以下のように「Windows フォトビューア」で画像が開く。



この「Windows フォトビューア」では、以下の「実際のサイズ」ボタンを押すことで画像がデフォルトの大きさで表示される。



すると、以下のように画像が元の大きさで表示される。画像が大きくなったので、 ウインドウに収まっていないいことがわかる。






ペイントで画像を開く

さて、先ほどは「フォト」や「Windows フォトビューア」で開いた画像を、 縮小や切り出しを行うために「ペイント」というツールで開こう。

Windows のスタートメニューから下図のように「W」→「Windowsアクセサリ」→「ペイント」を選択しよう。



起動したペイントで、左端のタブから「開く」を選択して先程ダウンロードした aibo.jpg を選択すると、下のように画像が開かれる。

ペイントは「Windows フォトビューア」とは異なり、元の大きさで画像を表示する。
図のようにスクロールバーがあり、画像の見る位置を変更できることがわかる。



ペイントで画像を開いたら、画像のサイズを確認してみよう。下図のように「プロパティ」を選択しよう。
Windows 10 のペイントならばメニューから「ファイル」→「プロパティ」である。



すると、この画像ファイルのファイルサイズは 1.4MB、 ピクセルサイズは 2048 x 1536 であることがわかる。(ここは確認するだけでよい)



1.4MBというファイルサイズは JPEG 画像としては大きい部類に属する。

また、2048 x 1536 という画像のピクセルサイズであるが、皆さんが使っているディスプレイの解像度が 1280 x 1024 であることを考えると、
このピクセルサイズも非常に大きい。

この画像を、Word/PowerPoint/Web 用に縮小する方法を以下で学ぼう。


画像の縮小

まず、画像を縮小する方法を学ぶ。 以下のように、「ホーム」タブから「サイズ変更」を選択しよう。



現れたダイアログで、縦方向と横方向の縮小の割合を記述しよう。 ここでは 50% とした。
OK ボタンを押すと、画像がペイント上で縮小される。



確認のためにも一度「プロパティ」を選択 すると、以下のようにピクセルサイズが 1024 x 768 となっており、
確かに縦方向と横方向にそれぞれ 50% に縮小されていることがわかる。



この状態でファイルを保存してもよいのであるが、学習のため以下の「画像の切り出し」にそのまま進もう。


画像の切り出し

画像のピクセルサイズがある程度小さくなったところで、今度は画像の切り出しを行ってみよう。
例として画像全体から、AIBO が写っている付近を切り出すことを考えよう。

そのためには、まずペイントで以下の「選択」のボタンを押す。



そして、画像上でマウスをドラッグし、切り出したい領域を指定しよう。
例えば以下の様にする。



このように領域選択ができた状態で、「コピー」ボタンをクリックする。



その状態で、スタートメニューからペイントをもう一つ起動しよう。 Windows のスタートメニューから下図のように「W」→「Windowsアクセサリ」→「ペイント」を選択しよう。



すると、以下の様に白いキャンバスで2つ目のペイントが起動する。



ここへ先程の画像を貼り付けるのであるが、白いキャンバスが大きすぎると都合が悪い。
そのため、以下のようにキャンバスの頂点をつかんで縮小しておく。



以上の準備のもと、「貼り付け」ボタンをクリックする。



すると、以下のように、先程コピーした領域がペイント上に貼り付けられる。
結果的に、オリジナルの画像から一部領域を切り出したことになっている。



ここで、この切り出した画像を保存する。下図のように「名前を付けて保存」から「JPEG画像」をクリックする。
Windows 10 のペイントならばメニューから「ファイル」→「名前を付けて保存」→「JPEG画像」である。
このように、カメラのような風景の画像はJPEGで保存する。



いつも通り、マイドキュメント以下のどこかに、名前をつけて保存して欲しい。
画像形式が JPEG になっていることに注意しよう。



保存が終わったら、 「プロパティ」を表示し、サイズを確認してみよう。

この例の場合、ピクセルサイズが 803 x 412、ファイルサイズが約 99.7 K バイトであり、十分小さくなった。

このように、Word/PowerPoint/Web で用いる JPEG 画像の場合、数十〜百 K バイトくらいが使いやすいファイルサイズであるように思う (あくまで個人的意見)。



以上でペイントを終了する。

なお、ペイントを終了する際、「オリジナルの aibo1.jpg を保存するか?」というダイアログが現れるので、
これは「いいえ」を選択し、保存しないことにする。(オリジナルをそのまま残す、という方針)







←PowerPoint-06: 画像の取り扱いの基礎PowerPoint-08: パワーポイントへの貼り付け→

Microsoft Office の基礎に戻る