[Excel2013 で VBA] 実用例 (2) グラフを自動的に描く

ここまでの例で、VBA からシートにデータを出力する方法を学んで来たが、
データを出力するだけではなくグラフまで VBA で自動的に描けると楽である。

ここでは、理系ではしばしば用いる「散布図」のグラフを VBA で描く方法を 紹介する。

Excel / OpenOffice で学ぶフーリエ変換入門 表紙Excel / OpenOffice で学ぶフーリエ変換入門」では本章で解説するグラフ表示方法を用いたマクロを
ソース閲覧可能な形で収録しております。



プログラムを書き始めるまでの準備」を参考に以下の VBA プログラムを記入して実行しよう。
以下のように「x, Sin(x), Cos(x)」の 3 列の表が現れ、そのグラフが現れる。



設定できる項目は非常に多くここでは紹介しきれないが、
Excel の「マクロの記録」を用いると必要な機能の VBA 記述がわかるので 試してみて欲しい。

Sub draw_data()
    Dim N As Long, i As Long
    Dim x As Double, dx As Double

    N = 100
    x = 0
    dx = 3.14 * 2 / N

    ' データ作成部
    Application.ScreenUpdating = False
    For i = 0 To N - 1
        Sheet1.Cells(i + 1, 1).Value = x
        Sheet1.Cells(i + 1, 2).Value = Sin(x)
        Sheet1.Cells(i + 1, 3).Value = Cos(x)
        x = x + dx
    Next i
    Application.ScreenUpdating = True
    
    ' グラフ削除
    If Sheet1.ChartObjects.Count > 0 Then
        For i = 1 To Sheet1.ChartObjects.Count
            If Sheet1.ChartObjects(i).Name = "datagraph" Then   ' "datagraph" という名前を指定して削除
                Sheet1.ChartObjects(i).Delete
                Exit For
            End If
        Next i
    End If

    ' グラフ記入
    Sheet1.ChartObjects.Add(200, 20, 360, 215).Select  ' 位置 (200,20) に 360x215 のサイズのグラフ追加
    Selection.Name = "datagraph"  ' グラフに名前をつける
    
    ActiveChart.ChartType = xlXYScatterLinesNoMarkers   ' 散布図のデータポイントなし
    ActiveChart.SetSourceData Range(Cells(1, 1), Cells(N, 3)), xlColumns ' 離れた列は Union で Range を作成すれば良い
    ActiveChart.Location xlLocationAsObject, "Sheet1"
   
    ActiveChart.HasTitle = True
    ActiveChart.ChartTitle.Characters.Text = "y=sin(x) と y=cos(x) のグラフ"   ' グラフタイトル
    ActiveChart.Axes(xlCategory, xlPrimary).HasTitle = True
    ActiveChart.Axes(xlCategory, xlPrimary).AxisTitle.Characters.Text = "x"    ' x 軸タイトル
    ActiveChart.Axes(xlValue, xlPrimary).HasTitle = True
    ActiveChart.Axes(xlValue, xlPrimary).AxisTitle.Characters.Text = "y"       ' y 軸タイトル
    
    ActiveChart.Axes(xlCategory, xlPrimary).MinimumScale = 0      ' x 軸の最小値
    ActiveChart.Axes(xlCategory, xlPrimary).MaximumScale = 6.28   ' x 軸の最大値
    ActiveChart.Axes(xlCategory, xlPrimary).MajorUnit = 1.57      ' x 軸の目盛幅

    ActiveChart.SeriesCollection(1).Border.Weight = xlMedium   ' sin(x) のグラフの太さ
    ActiveChart.SeriesCollection(2).Border.Weight = xlMedium   ' cos(x) のグラフの太さ(グラフ1本なら不要)
    
    ActiveChart.HasLegend = True  ' 凡例に関する設定
    ActiveChart.Legend.Position = xlBottom
    ActiveChart.SeriesCollection(1).Name = "sin(x)"
    ActiveChart.SeriesCollection(2).Name = "cos(x)"  ' (グラフ1本なら不要)
    
    ActiveChart.Deselect
End Sub




←実用例 (1) 飛び飛びのセルのデータを抜き出す (間引きする)

Excel 2013 で学ぶ Visual Basic for Applications (VBA)に戻る