PowerPoint-04: 図の貼り付け

このページではパワーポイントに図を貼り付ける方法を学ぶ。

様々な図の貼り付けが可能で、Excel グラフの貼り付けもできるが、
ここではまず「クリップアートの貼り付け」及び「図形描画」の2つを学ぼう。

クリップアートの貼り付け

まず、準備として「タイトルのみ」の新しいスライドを挿入しよう。



適当なタイトルを書いた後、「挿入」タブ→「オンライン画像」を選択する。



すると、インターネットへの接続確認のダイアログが出た後、次のようなダイアログが現れるので、「Office.comクリップアート」を選択し、挿入したい図に関するキーワードを入力する。



いま、例えば「犬」というキーワードで検索すると、 犬に関するクリップアートを見ることができる。
挿入する図を選択し、「挿入」ボタンをクリックしよう。



すると、スライドに図が挿入される。下図は、スライドの縦方向いっぱいに図が表示された様子である。



この図の枠をつかんで大きさを調整すると、クリップアートの挿入が完成する。





図形描画

次に、図形描画を学ぼう。
これは、四角や線などといった基本的な図形要素を組み合わせて図を描画する方法である。

まず、単純に四角形を描いてみよう。「挿入」から「図形」→「四角形」を選ぶ。



そしてスライドの領域でマウスをドラッグすると、四角形が描かれる。
下図の四角形には色が塗られているが、この色はPowerPoint-02: デザインや背景の変更で選択したデザインによって決まる色である。



この色を変更したい場合は、図形をクリックして選択した状態で、
「書式」→「図形の塗りつぶし」などをクリックして好きな色を選ぼう。



さらに、「角丸四角形」を選択し、角が丸い四角形を描いてみよう。



上図のように、2つの図形が重なって表示される。
重なりの順序を変更するには、図形上でマウスの右ボタンをクリックし、
「順序」→「最背面へ移動」などを選択する。



すると、図形の順序が入れ替わる。







←PowerPoint-03: テキスト(文章) の追加PowerPoint-05: アニメーションの設定→

Microsoft Office の基礎に戻る