Excel2007-07: Excel グラフの Word への貼りつけ

前ページまでで、Excel を用いてグラフを作成する方法を理解した。
ここでは、このグラフを Word へ貼り付ける方法について学ぶ。

グラフの貼り付けにはいくつかの種類があるが、ここでは代表的な2つについて学ぶ。 理系のためのExcelグラフ入門 表紙 金丸隆志「理系のためのExcelグラフ入門」好評発売中です

まずは貼り付け

まずは、Excel のグラフを Word に貼り付けよう。

まず、貼り付けたいグラフが存在する Excel ファイルを開く。
ここでは、前回用いた「理論グラフ」を開くことにする。

開いたら、下図のようにグラフの余白上でマウスの右ボタンをクリックし、「コピー」を選択する。
(いつも通り、Ctrl-C でも構わない)



次に、貼り付け先である Word を起動する。そして、以下の図のように 貼り付けたい位置でマウスを右クリックし、貼り付けを選択する。



すると、下図のように Excel のグラフが Word の図として貼り付けられる。
ここで、図の右下に小さなアイコンが出ていることに注意しよう。

ここで Enter キーを押すと貼り付けが確定されるのであるが、
ここではまだ確定せず、小さなアイコンをクリックして 選択肢を見てみよう。



上図のように、 および が選択できる。非推奨の「図として貼り付け」以外を以下で見て行こう。


貼り付け:グラフ (Excel データにリンク)

グラフ (Excel データにリンク)」を選択すると、 以下の図のように、Word 上で Excel の図の設定ができるようになる。

ただし、この形式は Office 2007 から導入された形式であり、 Office 2003 で読めない形式になる
つまり、拡張子が docx である の形式である。






貼り付け:Excel グラフ (ブック全体)

一方、 「Excel グラフ (ブック全体)」を選択しても、 Word 上で Excel の図の設定ができる。

先程と異なり、この形式は Office 2003 でも読める形式である
つまり、拡張子が doc である の形式である。
この形式で保存した Word ファイル上のグラフは、ダブルクリックすると 下図のようになり図の形式などを変更できる。

個人的には互換性のあるこの形式 (「Excel グラフ (ブック全体)」) でのグラフの貼り付けを推奨する。




貼り付け:貼り付け先のテーマを使用

最後に、 「貼り付け先のテーマを使用」 について解説しよう。これを選択すると、
Excel で設定していたフォント (MS ゴシック等) のまま貼り付けられる。

上の図では「貼り付け先のテーマを使用」が選択されていたので、 グラフのフォントが MS 明朝になっていたことに気づくだろう。




図の拡大縮小

最後に、貼り付けたグラフの拡大縮小について触れる。

下図のようにグラフの端を掴むと、グラフの拡大縮小を行える。

キーボードの Shift キーを押しながらこの操作を行うと、 グラフの縦横比を保ったまま拡大縮小を行える。
また、キーボードの Ctrl キーを押しながらこの操作を行うと、 グラフの中心を固定して拡大縮小が行われる。







←Excel2007-06: Excel での印刷の設定Excel2007-08: 理系の論文スタイルでの図の挿入方法→

Office 2007 の基礎に戻る