Excel2007-00: Excel のキー操作の基礎

本ページにおいて、Excel 操作の基礎を一気にまとめる。

このページで取り扱う内容は以下の通り。



起動と用語

まずは Excel を起動してみよう。
デスクトップ上の アイコンをダブルクリックするとアプリケーションが起動する。



Word はワープロソフトであったから未経験でもそれなりに取り扱いは容易であったが、
表計算ソフトである Excel は慣れないと何をすれば良いか分かりにくいかも知れない。

まずは Excel で用いられる用語をいくつか紹介しよう。

ブック Excel のファイルをブックと言う。
セル 灰色の線で区切られた区画一つ一つをセルと言う。
シート セルが集まって一枚のシートとなる。一つのブックは複数のシートを持つことができる。(当面は一つのシートしか使わない)
にて編集するシートを切替えることができる。
アクティブセル (マウスで) 選択されたセルをアクティブセルと言う。複数のセルをアクティブにすることもできる。
左図は A1 のセルがアクティブな状態
セルが横方向に集まってできるものを行という。
左図は「行3」を表す。
セルが縦方向に集まってできるものを列という。
左図は「列C」を表す。
フィルハンドル アクティブなセルを囲む太線の右下に現れる黒い四角。後で用いる。




セルの選択

ここではアクティブにするセルを選択する方法を学ぶ。

まず、マウスで「行3、列C」に相当するセルを一回クリックしよう。



このセルのことを「C3」と呼び、今、セルC3はアクティブになった。

次に複数のセルを選択する方法を学ぼう。 いま、C3でマウスの左ボタンを押し、押したままマウスを移動してみよう。 移動先の位置によって、次のように複数のセルを選択できる。

連続したセルの選択
縦方向に3セル選択
横方向に3セル選択
4×3のセルを選択


行または列全体を選択するには以下ようにする。

行または列の選択
行の選択 「3」をマウスでクリックすると以下のように行3を選択できる。
列の選択 「C」をマウスでクリックすると以下のように列Cを選択できる。
とびとびのセルを選択するには、以下のようにする。

とびとびのセルの選択
とびとびのセルの選択 セル C5 をクリックした後、D7、E9、F11 のセルをキーを押しながらマウスで順番にクリックする。
連続したセルの選択 (参考) セル C3 をクリックした後、E6 のセルをキーを押しながらマウスでクリックする。


このように、 をすると、それぞれ違った方法で複数のセルを選択できる。

なお、このような Ctrl キーと Shift キーを用いた複数アイテムの選択は、エクスプローラ上 (マイドキュメント等) でファイルを選択する場合にも有効である。

最後に、シート全体の選択方法を学ぶ。

シート全体の選択
シート全体選択 キーを押しながら「a」キーを押す。するとシート全体が選択される。これをしばしば「Ctrl-A」と表記する。


「Ctrl-A で全体を選択」は Excel 以外でもしばしば用いられる。



文字/数値の入力

セルを選択し、キーボードを打つと文字を入力することができる。以下の文字列を入力してみよ。

[演習]
セル A1、B1、C1、D1、E1、F1 にそれぞれ「1234」、「ABC」、「情報処理」、「'1234」、「4/1」、「'4/1」と入力してみよ。
なお、英数字は全て半角とする。


正しく入力が終ると、以下のようになるだろう。



ここで、セルへの文字/数字の入力に関して、以下のテクニックを身につけよう。

[テクニック]
セル A1 に文字を入力した後、
  • キーを押すと、アクティブなセルが右に移動する。
  • キーを押すと、アクティブなセルが (左) 下に移動する。


Tab キーと Enter キーによるセルの移動は Excel を使う上で基本であるのでここで身につけよう。

上記の入力で、以下のことが明らかになる。 もう一つ着目して欲しいのは、以下の数式バーである。



選択したセル (図では F1) の内容 (図では 「'4/1」) が数式バーにも表示されていることがわかる。
さらに、数式バーには入力した文字列そのもの(アポストロフィも含む「'4/1」が表示され、セルには文字列に変換された「4/1」が表示されている。

今後、セルに文字を入力する際にはこの数式バーにも注目していこう。

次に、入力した文字列や数値を変更/編集する方法を学ぼう。

[上書き]

[編集]

[演習]
セル C1 をダブルクリックし、 「情報処理」を「情報の処理」に変更せよ。


編集を行うと、文字列がセルの大きさをはみ出してしまう。
セルの大きさを拡大するには、下図の様に「C」と「D」の間をマウスでつかみ、右へドラッグすれば良い。





オートフィルによる入力

次に、フィルハンドルを用いたオートフィルを学ぼう。

[演習]
  • セル A1 に「XYZ」と入力する。セル A1 のフィルハンドル (セル右下の四角■) をつかんで下に数セル分ドラッグせよ

  • セル B1 に「20」、セル B2 に「25」と入力する。セル B1、B2 の 2 つのセルを選択し、フィルハンドルを数セル分ドラッグせよ。

  • セル C1 に「4/1」、セル C2 に「4/8」と入力する。 C1、C2 の 2 つのセルを選択し、フィルハンドルを数セル分下へドラッグせよ。



少し見てみよう。2 番目の問題、「フィルハンドルを下へ数セル分ドラッグ」するのは以下の状態から始める。



黒い■をつかんでドラッグすると、以下のように、数字が自動的に5ずつ増加して入力される。



これは「20」、「25」という入力から、Excel が「差が5」と判定して、以後5ずつ増加するようにセルを入力してくれたのである。
この機能はオートフィルと呼ばれ、名簿の作成などに役に立つ。







書式設定

文字列の入力の際、「数値は右揃え」、「文字列は左揃え」になっていた。

これは、Word の時と同様に、セルには「書式」と呼ばれるものがあって、
書式をかえることで、セルやセルの中身の文字列の見た目を制御できることを反映したものである。

書式を変更するには、変更したいセルの上でマウスを右クリックし、「セルの書式設定」を選択する。

すると、以下の「セルの書式設定ダイアログ」が現れる。 タブを切替えることで、様々な書式を設定できる。

主なものをいくつか紹介する。





Excel で表の作成

まず、表を作製するための枠を設定しよう。
Word の時と同様に、まず3×3の表から出発する。3×3のセルを選択し、マウスを右クリックして「セルの書式設定」を選択しよう。



すると、以下のような「セルの書式設定」ダイアログが現われる。
罫線タブを選択し、「外枠」と「内側」を設定しよう。

なお、このダイアログで線の太さや実線/点線などを変更できる。
さらに「外枠」と「内側」のみでなく、各辺ごとの設定や斜線を引くなど、
様々な設定が行えるので試してみると良いだろう。



すると、3×3の表に罫線がひかれる。
やはり、Word の時と同様に 左端の列のセルを結合しよう。
左端の縦3つのセルを選択し、マウスを右クリックし、セルの書式設定を選択。



「配置」タブから「セルを結合する」を選択する。これで、3つのセルが結合されて 1つになる。
ついでに、文字列の横位置を中央揃えにしておこう。



そうして、「自己紹介」とセルに書き込むと下図のように中央揃えで書かれる。



残りのセルの語句も記述し、「所属」欄も中央揃えにしよう。 「所属」セルの上でマウスを右クリックし、「セルの書式設定」を選択する。



現われたダイアログで、「配置」タブをクリックし、「横位置」や「縦位置」を選択しよう。
ここでは「横位置」を「中央揃え」に選択した。



すると、「所属」のセルのみ、文字列が中央揃えになる。
(これはもちろん「所属」のセルの書式設定を行なったから)

これを他のセルについても設定するには、(今まで何度か扱ったように) 「書式のコピー」を行なえばよい。
書式のコピーは以下のような刷毛 (はけ) のボタンで行なう。



「所属」セルを選択した状態で、「書式のコピー」ボタンで押す。
これで、「所属」セルの書式 (ここでは「中央揃え」) がコピーされたことになる。

これをペースト (貼り付け) するためには、この状態でマウスで「C3〜D5のセル」を複数選択すれば良い。
これで選択したセルに書式がペーストされる。

最後に、セルのからはみ出した文字列があるので列を拡大しておこう。
列 (B や C) の区切りをマウスでドラッグすれば良いのだった。



これで完成。ちゃんと全てのセルが中央揃えになっていることにも注意。 (さらにフォントサイズの調整も行なった)



Excel で作成した表を Word に貼り付ける

準備として、Word をあらかじめ起動しておこう。

そして、Excel 上で作成した表のうち、コピーしたい領域をマウスで選択し、
その領域上でマウスの右ボタンをクリックし、「コピー」を選択しよう。

なお、あらかじめ Excel のセルの横幅を大きめにしておくと、 Word に貼り付けた際に丁度言い大きさになる。
何度か試行錯誤してみよう。



次に、あらかじめ起動しておいた Word において、表を貼り付けたい位置で マウスを右クリックし、
「貼り付け」を選択。



すると、以下のように Excel で作成した表が Word に貼り付けられた。
表のサイズなど、細かな設定を Word で設定することができる (Word2007-03: 罫線による表の作成を参照)。





Excel による数式処理

まず、Excel のセルに 「=2+3」と記述しよう。下図はまだ Enter キーを押していない状態である。
セルと数式バーの標示に着目しておこう。



入力後、 Enter キーを押すと以下のように、数式バーには入力した記述そのものが、セルには計算結果が表示される。
このように、Excel は数式の値を評価してセルに表示する機能を持っている。



次に、セル A1 に「100」、セル B1 に「200」という数値を入力し、セル C1 に「=A1+B1」と記述しよう。
以下の図はまだ Enter キーを押していない状態である。



Enter キーを押して確定すると、「=A1+B1」が評価され、300 が C1 セルに表示される。
やはり数式バーには「=A1+B1」が表示されていることにも注意しておこう。



次に、セル A1 の値を 300 に変更しよう。すると、A1 を参照している C1 の値も変更を受けることがわかる。



ここまでは、Excel で計算が出来ると言うだけで、ある程度解りやすかったのではないだろうか。

Excel で重要なのは、以下のように数式をコピーしたときの振舞いである。
以下の例を見てみよう。

まず、A1 〜 C3 のセルに以下の図のような数字を準備として入力しよう。

入力が終ったら、セル A4 に「=A1+B1」を入力しよう。



Enter を押して確定すると、下図のように「A1(1) + B1(2)」が評価され、結果である「3」がセル A4 に表示される。
ここまでは (恐らく) 問題なく理解できるのではないだろうか。

では、次にセル A4 をコピーしてセル B5 にペーストしてみよう。

手順は、 である。

結果は下図のようになる。セル A4 は「3」であるのに対し、セル B5 は「11」となった。
この振舞いは Excel には典型的なものである。以下で解説する。



Excel では、セルをコピーする際、値そのものをコピーするのではなく式をコピーする。
そのため、セル A4 をコピーする際、3 という値ではなく 「=A1+B1」という式をコピーしていることになる。
(数式バーの式に着目しよう。)

さらに、コピーの際「=A1+B1」という式そのものがコピーされるのではなく、
A4 から見た A1 と B1 の相対的な位置関係」(すなわち、下図の赤丸) がコピーされる。これを、相対参照という。



以上を頭に入れて上の図を見ると、セル A4 をコピーしてセル B5 に貼りつけると、
結果的に「=B2+C2」が貼りつけられることになる。(図の青丸参照)
数式バーの表示にも注意しよう。

このセルを参照した数式のコピーは、Excel では多くの場合に用いられる。



Excel2007-01: Excel を用いたグラフの作成 (実験グラフ作成)→

Office 2007 の基礎に戻る