PowerPoint07: 画像の縮小と切り出し

本ページでは画像の縮小方法と切り取り方法を学ぶ。 用いるツールは Windows に標準に付属している「ペイント」である。

画像の閲覧

まず、こちらの aibo1.jpg という画像ファイルをダウンロードして欲しい。
このファイルは、デジカメで撮影したファイルの名前を変えただけのものである。

いつも通り、マイドキュメント以下のどこかに aibo1.jpg を保存したら、そのファイルをダブルクリックして開いて欲しい。
以下のように、Windows XP 標準添付の「Windows 画像と FAX ビューア」が起動し、画像が表示される。

なお、Windows XP 以外の Windows には「Windows 画像と FAX ビューア」は付属していないので、
Internet Explorer 等、別のアプリケーションで画像が開くかも知れない。
その場合、次の「ペイントで画像を開く」に進んで欲しい。



さて、この「Windows 画像と FAX ビューア」は、ウィンドウのサイズに合わせて画像も拡大/縮小されて表示される。
これでは画像の本来の大きさはわからない。

そこで、以下の「原寸大」ボタンを押してみよう。



すると、以下のように画像が元の大きさで表示される。画像が大きくなったので、 右横と下にスクロールバーが現れ、
画像の全体を見渡せるようになっていることに注意しよう。



このように、最近のデジカメは画素数が大きくなっており (「〜万ピクセル」などの広告文句を思い出そう)、
その結果画像自体が大きくなっている。

この画像をカメラ屋でプリントしたり、自宅のプリンタ等で印刷する場合、 画素数が多いほうが綺麗にプリント/印刷されるので都合が良いが、
Word や PowerPoint に貼り付けたり、インターネット上の Web ページに貼り付けたりする用途には、
この画像のピクセルサイズは大きすぎる。

そこで、この画像を縮小したり、あるいは必要な部分のみ切り出したりする方法を以下で学ぼう。



ペイントで画像を開く

まず、画像を「ペイント」というツールで開くことから始めよう。

画像を「Windows 画像と FAX ビューア」で開いた状態で、以下の「編集用に画像を開く」ボタンをクリックしよう。



すると、以下のように「ペイント」というツールで画像が開かれる。 下の図は起動後にウィンドウを大きくしている。

ペイントは「Windows 画像と FAX ビューア」とは異なり、基本的に元の大きさで画像を表示する。



なお、スタートメニューからペイントを起動する場合は、 下図のように「アクセサリ」→「ペイント」とたどると良い。



ペイントで画像を開いたら、画像のサイズを確認してみよう。 メニューから「変形」→「キャンバスの色とサイズ」を選択しよう。



すると、この画像ファイルのファイルサイズは 1,458,371 バイト、 ピクセルサイズは 2048 x 1536 であることがわかる。(ここは確認するだけでよい)



1,458,371 バイト〜 1,458 K バイト 〜 1.4 M バイトであり、さらにフロッピーディスク1枚の容量は 1.4 MB であるから、
この画像はフロッピーディスクに収まらないことがわかる。このファイルサイズは JPEG 画像としては非常に大きい。

また、2048 x 1536 という画像のピクセルサイズであるが、皆さんが使っているディスプレイの解像度が 1280 x 1024 であることを考えると、
このピクセルサイズも非常に大きい。

この画像を、Word/PowerPoint/Web 用に縮小する方法を以下で学ぼう。



画像の縮小

まず、画像を縮小する方法を学ぶ。 以下のように、メニューから「変形」→「伸縮と傾き」を選択しよう。



現れたダイアログで、縦方向と横方向の縮小の割合を記述しよう。 ここでは 50% とした。
OK ボタンを押すと、画像がペイント上で縮小される。



確認のためにメニューから「変形」→「キャンバスの色とサイズ」を選択 すると、以下のようにピクセルサイズが 1024 x 768 となっており、
確かに縦方向と横方向にそれぞれ 50% に縮小されていることがわかる。



この状態でファイルを保存してもよいのであるが、学習のため以下の「画像の切り出し」にそのまま進もう。



画像の切り出し

画像のピクセルサイズがある程度小さくなったところで、今度は画像の切り出しを行ってみよう。
例として画像全体から、AIBO が写っている付近を切り出すことを考えよう。

そのためには、まずペイントで以下の「矩形領域」のボタンを押す。



そして、画像上でマウスをドラッグし、切り出したい領域を指定しよう。
例えば以下の様にする。



このように領域選択ができた状態で、メニューから「編集」→「コピー」を選択する。



その状態で、スタートメニューからペイントをもう一つ起動しよう。



すると、以下の様に白いキャンバスで (2つ目の) ペイントが起動する。



ここへ先程の画像を貼り付けるのであるが、白いキャンバスが大きすぎると都合が悪い。
そこで、メニューから「変形」→「キャンバスの色とサイズ」を選択し…、



キャンバスの大きさを強制的に小さくしてしまおう。ここでは 10 x 10 としたが、この数字自体にあまり意味はない (十分小さければ良い、ということ)。



すると、以下のようにキャンバスが (10x10 に) 小さくなる。



以上の準備のもと、メニューから「編集」→「貼り付け」を選択する。



すると、以下のように、先程「矩形領域」で選択した領域がペイント上に貼り付けられる。

何が起こったのかを一応丁寧に書いておくと、

「矩形領域 (10x10 よりは大きい) を 10 x 10 の白いキャンバスに貼り付けたのであるが、
キャンバスよりも大きい画像だったので、自動的にキャンバスが矩形領域のサイズに拡大された」

ということになるだろうか。

結果として、オリジナルの画像から矩形領域を切り出したことになっている。



ここで、この切り出した画像を保存する。メニューから「ファイル」→「名前を付けて保存」を選択。



いつも通り、マイドキュメント以下のどこかに、名前をつけて保存して欲しい。
画像形式が JPEG になっていることに注意しよう。



なお、Windows XP のペイントでは、下図の様に、BMP, JPG, GIF, TIFF, PNG の画像が保存できる。
(それ以前の Windows に付属しているペイントでは TIFF, PNG では保存できないかもしれない)



保存が終わったら、 メニューから「変形」→「キャンバスの色とサイズ」を選択し、サイズを確認してみよう。

この例の場合、ピクセルサイズが 846 x 510、ファイルサイズが約 47 K バイトであり、十分小さくなった。

このように、Word/PowerPoint/Web で用いる JPEG 画像の場合、数十〜百 K バイトくらいが使いやすいファイルサイズであるように思う (あくまで個人的意見)。



以上でペイントを終了する。

なお、ペイントを終了する際、「オリジナルの aibo1.jpg を保存するか?」というダイアログが現れるので、
これは「いいえ」を選択し、保存しないことにする。(オリジナルをそのまま残す、という方針)







←PowerPoint06: 画像の取り扱いの基礎PowerPoint08: パワーポイントへの貼り付け→

Office 2003 の基礎に戻る