Excel / OpenOffice で学ぶフーリエ変換入門
概要
本書は「Excel で学ぶ理論と技術 フーリエ変換入門」の新版です。
Excel / OpenOffice で学ぶフーリエ変換入門 表紙


感想など
感想・レビュー:
[新版]
ヨドバシ.com購入者さん
[旧版]
OKWave ( 1つ目 / 2つ目 / 3つ目 / 4つ目 / 5つ目)
Yahoo! 知恵袋
だえもん田中様のブログ
S3_Savage4さんのツイート
Googleブックス

ご利用に感謝: [新版]
ギターの音の解析をしてみた
大伴 洋祐「これでワカッタ! 信号処理入門」:参考文献
[旧版]
arduinoでFFTをトライ2 (Reflection of my mind)
ぼやっと様のブログ
ケイディーアイ株式会社様
数学独学塾様
関西学院大学解析学 (Spring 2008)
香川大学フーリエ解析
日本福祉大学 応用数学
前橋工科大学 システム設計 (PDF)
首都大学東京 システム制御
日本文理大学 応用数学2
都市環境の癒し効果について
Programming Technology

内容
Excel と OpenOffice による演習を通してフーリエ変換を習得します。通常の「フーリエ級数展開」、「フーリエ変換」、「パワースペクトル」、「離散フーリエ変換」、「FFT」の解説の他、音声ファイルを Excel で直接読み込み、そのスペクトルを計算する演習を行うことで フーリエ変換の直観的な理解が可能となっています。

応用例として「ギター音分析」、「エンジン音分析」、「発声音分析」、「エコー効果」、「ノイズ除去」を取り上げてフーリエ解析を学びます。
さらに、カオス時系列に対するフーリエ変換とそのサウンドについても解説しています。

フーリエ変換は Excel 付属の「分析ツール」と VBA マクロによる独自実装を使い分けています (独自実装の場合のデータ数制限は 32768 です)。「分析ツール」の使用法はもちろん、グラフの描き方などExcel の利用法も簡単に解説しておりますので、Excel に慣れていない方も読み通すことができます。

[動作確認環境]
Windows版 : Excel 2003 / 2007 / 2010 / 2013
Mac OS X版 : Office for mac 2004 / 2011 (※1)
OpenOffice.org 3.3 / LibreOffice 3.4 / Apache OpenOffice 4.0.1 / LibreOffice 4.1 (※2)

(※1) Office for mac 2008 にはマクロ機能が搭載されていないので 本書のサンプルファイルを実行できません。
お使いの方は、無料オフィススイートである OpenOffice や LibreOffice をお試しください。

(※2) Apache OpenOffice 4.0.0 では5章の音声データのグラフ表示に失敗しますので、4.0.1 以降にアップグレードしてください


利用例
以下の図は本書付属の Excel ファイルを用いて自動車のエンジン音 (wav ファイル) のフーリエ解析を行っている様子です (CHAPTER05)。この解析ではマウスによるボタン操作のみで簡単に計算とグラフ描画を行えます。

また、ボタンによる自動化処理に頼らず、Excel の分析ツールを用いて手作業で フーリエ解析を行う方法についても解説しております (CHAPTER04)。

エンジン音のフーリエ解析
Excelによるエンジン音のフーリエ解析


Mac OS X 10.5 (Intel) 上の Excel 2004 によるフーリエ級数展開 (クリックで拡大)

Mac OS X 10.5 (Intel) 上の Excel 2004 によるフーリエ級数展開


Linux 上の OpenOffice.org によるローレンツカオスのフーリエ解析 (クリックで拡大)
Linux 上の OpenOffice.org によるローレンツカオスのフーリエ解析
目次

金丸隆志のページへ戻る