Excel2007-02: Excel を用いたグラフ作成 (実験グラフ設定)

Excel2007-01: Excel を用いたグラフの作成 (実験グラフ作成)で作成した実験グラフを設定して
卒業論文や投稿論文への使用に耐え得るグラフを作成しよう。

理系のためのExcelグラフ入門 表紙 金丸隆志「理系のためのExcelグラフ入門」

設定

まず、グラフのタイトルは下図のようにクリックして書き換えることができる。
下図のようにグラフの意味がよくわかるようなタイトルを記入しよう。



なお、今回はグラフタイトルは自動で現れたが、もしこれが存在しなかったら、
下図のようにリボンの「レイアウト」タブから「グラフタイトル」→「グラフの上」 と選択すると、タイトルが表示される。



グラフのタイトル以外にも、 軸の名前軸の単位は実験レポートなどで必ずチェックされるポイントであるので、
以下で軸の名前等を記入しよう。

まず横軸から。 下図のようにリボンの「レイアウト」タブから「軸ラベル」→「主横軸ラベル」 →「軸ラベルを軸の下に配置」
と選択すると、横軸のラベルが現れる。



現れた横軸ラベルに、以下のように記入しよう。



次に縦軸である。 下図のようにリボンの「レイアウト」タブから「軸ラベル」→「主縦軸ラベル」 →「縦軸ラベルを回転」
と選択すると、縦軸のラベルが現れる。



現れた縦軸ラベルに、以下のように記入しよう。



次に「−◆−アームの振れ [μm]」という凡例は、一本のグラフの際には 不要であるので削除しよう。
下図のようにリボンの「レイアウト」タブから「凡例」→「なし」 と選択すると、凡例が削除される。



以下のように、確かに凡例が削除された。



次に、目盛の調整をしよう。

ここでは、横軸と縦軸の両方に 「目盛線」と「補助目盛線」を引くという設定をしてみよう。
下図のようにリボンの「レイアウト」タブから「目盛線」→「主横軸目盛線」 →「目盛線と補助目盛線」を選択してみよう。



すると、横軸に、やや濃い横線 (目盛線) とやや薄い目盛線 (補助目盛線) が現れた。



同様に、縦方向にも 「目盛線」と「補助目盛線」を引くという設定をしてみよう。
下図のようにリボンの「レイアウト」タブから「目盛線」→「主縦軸目盛線」 →「目盛線と補助目盛線」 を選択してみよう。



すると、縦軸にもやや濃い横線 (目盛線) とやや薄い目盛線 (補助目盛線) が現れる。



ここで、水平軸の目盛範囲や目盛間隔を設定しよう。
水平軸の数字「0、0.2、0.4…」の数字の上でマウスを右クリックし、 「軸の書式設定」を選択。



すると、以下の様に「軸の書式設定」ダイアログが現れるので、
以下のように軸の最小値、最大値、目盛間隔、補助目盛間隔を設定してみよう。



すると水平軸の目盛範囲や目盛間隔がちょうど良くなった。



同様に、垂直軸についても目盛範囲や目盛間隔を設定しよう。
垂直軸上の数字の上で右クリックし、「軸の書式設定」を選択。



現れる軸の書式設定を例えば以下のように設定。



すると垂直軸の目盛範囲や目盛間隔もちょうど良くなった。



今、目盛線と補助目盛線は「グラデーション」、つまり 色の濃淡で区別されている。
しかし、プリンタによってはこの区別は見にくいことが多い。
そこで、色のグラデーションではなく「実線か点線か」で 目盛線と補助目盛線を区別するようにしてみよう。

再び水平軸の数字上でマウス右クリックし、今度は「目盛線の書式設定」 を選択。



現れたダイアログで、「線の色」を単色の黒色に設定。



すると、縦方向の目盛線が下図のように黒く濃くなる。



今度は補助目盛線の設定。
またまた水平軸の数字上でマウス右クリックし、今度は「補助目盛線の書式設定」を選択。



現れたダイアログで、「線の色」を単色の黒色に設定。
さらにそのまま…



現れたダイアログで、「線のスタイル」を下図のように点線に設定。
そして「閉じる」を押す。



すると、垂直方向の目盛線と補助目盛線が黒色の実線と点線になった。



縦軸上の数字上でも同様に「目盛線の設定」を補助目盛線の設定」を 行うと、下図のようになる。



最後に、グラフの線とマーカー自体の色も白黒プリンタように黒く設定しよう。
まず、グラフのマーカー (点) をどれかクリックし、全てのマーカーが 選択された状態にする。
そうした状態で、マーカー上でマウス右クリックし、 書式設定を選択。



現れた「データ要素の書式設定」ダイアログにて、 「マーカーの塗りつぶし」を「単色」の「黒色」にし、 さらに続けて…



「線の色」を「単色」の「黒色」にし、 さらに…



「マーカーの色」を「単色」の「黒色」にする。 そして「閉じる」をクリック。



これでやっと白黒プリンタ様に最適化されたグラフの完成。





補足:凡例の設定

なお、上の例では「凡例」は削除してしまったが、
凡例を利用し、なおかつ凡例に名前を設定したい場合は以下のようにする。

例えば、以下のように2本のグラフがあり、凡例に「一回目」と 「二回目」と記述したいとしよう。

リボンの「デザイン」タブから「データの選択」をクリックする。



すると、以下のようなダイアログが現れる。
ここで一つ目のデータの名前を選択し、「編集」ボタンをクリック。



すると、以下のようなダイアログがあらわれるので、 系列名の所を変更する。



例えば以下のように。



二つ目の系列についても同様に設定すると、以下のように 凡例が編集された。





←Excel2007-01: Excel を用いたグラフの作成 (実験グラフ作成)Excel2007-03: Excel を用いたグラフの作成 (理論グラフ作成)→

Office 2007 の基礎に戻る